鋳造木型/金型・治具・CFRP型なら設計~製作~検査まで一貫対応

メール

日々此れ、追求!ノリよく常に向上心を持って。

設計室 CAM担当 / 山崎
入社1年目

最初から、ものづくりをするお仕事を目指していたのですか?
例えば高校が工業高校だったりとか?
いいえ、私は商業系の高校を卒業しまして、実際に前職までは普通の事務職でした。この浜松では、自動車関連の産業や大手楽器メーカーなどを中心に、製造業の会社が多く、私もそういう会社の事務職として働いていました。
直接的にものづくりを行う部署ではなかったのですが、同じ業界にはいたという事になりますね。
まだ、入社されて1年目という事ですが、
今の担当の仕事について教えてください。
私の担当は、CAMオペレーターとして、製造現場で切削加工などのマシニングをするために、どのような加工をどういう工程で行うか?という工程設計(パス出し)を行っています。

実は、もともと事務職での応募をしたのですが、面接時に社長から「CAMオペレーターにチャレンジしてみない?」と言われたんです。
CAMがどういうものか、については前職までの経験で知っていましたが、自らが行うのは全く未経験だったので少し不安になりました。
ただ、会社としてしっかりサポートしていただけるという事と、前職は派遣社員として働いていたのですが、正社員としての採用という事もあって、
「よし!新しいことにチャレンジしてみよう」という気持ちになりました。
面接の時など、
会社や社長の印象はどうでしたか?
応募のお電話をした日に「今日の夕方とか、面接来れますか?」と言われ、いきなり社長面接というすごく早い流れでした。ちょうどタイミングが良かったのかもしれません。社長の印象は、私が言うのも生意気なんですが、気張っている感じや経営者の圧力みたいな感じがなく、すごくフランクな方でしたので、自分の言葉で話し易かったですね。
もうその日に入社を決めたので、もしかしたら最短記録かもしれません(笑)。
実際の仕事の現場や、
やりがいについて詳しく教えてください。
CAMというのは、CADで最終モデルの形状設計が行われた後、実際にその形状にするためにどのような加工を、どのような手順で行えば良いか?という製造現場の工程設計をする仕事です。素材によっても加工条件や切削スピードなどが変わりますし、なるべく効率よく工程を示す事が大事で、ものづくりの会社の中でも重要なポジションだと思っています。形状によってパスの出し方も様々なので、まだまだ分からない事も多いのですが、周りの先輩方が丁寧に教えてくれますので、1つ1つ仕事を覚えているところです。「そんな事もわからないの?」なんて言う人は、この会社には一人もいませんので、安心して仕事に取り組んでいます。前職では製造現場から離れた事務職だったのですが、今は、ものづくりの現場により近いポジションで仕事している感覚です。実際に自分がCAMでパスを出した製品の形状が出来上がった時には、けっこう(じんわりと)嬉しさがこみ上げるというか、ものづくりに携わっている実感があります。
担当の仕事について
目指していることや心がけていることは?
私が担当しているCAMオペレーターという仕事は、
製造現場の人たちが仕事をやり易くするサポート業務と言えると思います。
ですから、もっと製造担当者とコミュニケーションを取って、スムーズかつ良い工程を示せるようになりたいですね。
もっとこうなって欲しい、など
会社や仕事についての要望は?
不満というのは正直それほどないですが、今年、規模を拡大した新社屋(新工場)ができて、私を含め新しい社員も増えました。わかり易く言えば、町工場から製造企業へ成長している段階なので、社内ルールなどがまだ完全に整備されていなく、ぼんやりしている部分があります。これから自分たちで創っていける、というやりがいがありますし、意見は自由に言える社風なので1つ1つ積み上げていきたいです。
仕事をするうえで
男女の違いなどはありますか?
それはほとんどないですね。
私が入社したすぐ後にも、新たな女性社員が入社していますし、
会社として女性入社も推奨していると思います。
ものづくり女子じゃないですけど、今後、
製造担当にも女性が増えてくるのではないかと思います。
これから入社される方にメッセージ

今が会社の成長期、一緒に創り上げる楽しさを。

指示を待っている人よりは、積極的に自分の意見を言える人のほうが向いていると思います。
入社したばかりは、誰でも緊張すると思うんですが、細かなことでも気兼ねなく何でも聞けるし、
自分を飾ることなく本音を言える雰囲気なので、すぐに慣れると思います。私にもできているんですから大丈夫です。

採用について相談する